ドラム防音室☆最新情報ガイド

ドラムの練習ができる防音室の比較

ドラムの練習を安心して楽しむことができるようにするため、防音室に注目しながら、情報を集めていくことも大切なポイントです。自宅で楽器の演奏を楽しみたくても、近所迷惑となってしまう事を考えると、心配になり、練習不足となる方もいます。

住まいのリフォームを行って、防音の部屋を用意する方法もあります。業者に相談をする事で、防音室を用意してもらうこともできるため、ドラムの練習を楽しむことができるように、情報を集めていくことも大切なポイントです。

当サイトでは、ドラムの演奏を楽しみたい方向けに、防音室に関する情報発信をしております。防音室に興味を持ってはいても、どんなものなのかまだまだ分からないことが多い方に対しても、基礎知識を身に付けられるように、参考になる情報を発信していきます。防音室の比較ができるように、分かりやすくまとめておりますので、注目です。

阪神防音®

POINT

確かな技術で防音効果を実感できる
低価格でデザイン性のあるサービス
対応エリアは全国、アフターケアも保証

防音工事のサービスを提供している阪神防音®は、医療機関や大手電機メーカー、住宅メーカーなどからも依頼が来る信頼のある会社です。一級建築士が監修する高い技術で、ドラムやベースなどの音が近隣に迷惑がかからない高性能な防音室を提供しています。

また、エアコンの配管工事や音響作りなども手掛けており、防音性だけではなく高いデザイン性のある防音室を作ることが可能です。費用は希望する予算内に抑えられるプランを提案、低価格で納得のサービスを得ることができます。

関西圏を中心に営業を行っていますが、全国展開されていますのであらゆる地域でサービスを受けることができます。また、数多くの施工例があり、ピアノ教室やダンススタジオ、カラオケ教室など様々なジャンルの防音室に対応しています。

D.S.Pコーポレーション

POINT

防音のプロが依頼者に寄り添った最適な提案をしてくれる
苦情のないドラムの防音室を任せられる
問い合わせや見積もりにも丁寧に対応

D.S.Pコーポレーションは、依頼者に寄り添った最適な提案をしてくれることで人気の音響・防音工事を行っている会社です。防音のプロが、依頼者が理想とする音空間を実現させてくれます。ピアノ室やドラム室等の楽器練習室をはじめ、各種スタジオの防音工事を安心して依頼できます。

もちろん、ドラムの防音室にもしっかり対応してくれます。周囲の住環境や建物を確認し、壁や床、天井などの固体伝搬音を考慮した仕様なので、苦情がこない快適な空間が実現します。自宅に生ドラムが演奏できる防音室がほしいときや、バンド練習をしたいのでドラムやアンプ音を考慮した防音室がほしいときなど、幅広く相談できます。

専用フォームが用意されているので、気軽に問い合わせや見積もりを依頼できます。また、フリーダイヤルも用意されているので、電話で問い合わせることも可能です。電話での問い合わせは、土日祝日を除く9時から18時まで受け付けてくれます。

環境スペース株式会社

POINT

工事や契約の前に防音体験ができること
ドラムなどの防振対策も施行していること
毎月20,000円からの分割払いにも対応してること

音楽好きで自宅などでドラムなどの楽器で演奏したい場合などは防音室になっているスタジオを作る必要があります。しかし防音室を作るといっても適当に作れば品質不良な構造で近隣住民から苦情が来てしまいます。これをしっかり解決してくれるのが環境スペース株式会社の防音室です。この会社は東京都の渋谷区の恵比寿で活動していて、電話受付しているのは9時から18時までやっています。

環境スペース株式会社の防音室の特徴は単に音を遮音しているだけではなくて、防振対策も行っていることです。というのはドラムなどは大きな音を出すだけでなくて、それなりの振動も発生させているからです。この振動対策を行っていないと音が静かでも振動を周囲に与えてしまって、近隣住民を苦痛にさせてしまいます。さらにスタジオ内の音も外部へ漏れなければいいというわけでもありません。外部へ漏れないようにしても、スタジオ内の音の響きが悪ければ品質の悪い音しか収録できなくなるなどの問題が出てきます。そのため音質を悪くする反射音を無くしたり、残響時間の調整対策も行っています。

これらドラム演奏のための防音室工事は莫大な費用がかかりますが、会社では契約前に防音体験ルームで体験することができたりします。さらに工事をした後の代金も毎月20,000円からの分割払いにも対応できるようにも配慮をしています。

防音対策.com

POINT

音響そのものを熟知しているので防音の知識もある
防音だけでなく室内での音響効果も熟知している
防音のノウハウを蓄積している企業である

ドラムの練習と言うと、相当大きな音がします。まして練習となれば本人以外は騒音にしかすぎません。そのため音楽スタジオを借りたりデジタルドラムを入手するなどの方法をとらないと近所迷惑となります。これでは練習になりません。しっかりとした防音室を整えることでこれらの問題は解決します。

音響が音楽スタジオのようにしっかりしていないと自分自身の演奏音が聞こえないため微妙なリズムが練習できません。さらに、他の楽器とともにバンドとしての練習なども同様のことが言えます。つまり、防音室外に音が漏れないことと防音室内での正確な音響が必要になります。

こうした防音室は、音響に関する多くの知識とノウハウを蓄積する必要があります。防音対策.comは、防音室の設計を多く手掛けるので、楽器の特性にまで踏み込んで検討し提案します。ただ音が近所迷惑にならないだけでなく、より音楽のある生活が充実するような設計が可能となります。

高橋建設株式会社

POINT

防音工事専門業者として自社施工を行っている
スタジオや公共機関など多くの実績が有る
施工事例やショールームの見学が出来る

趣味としてバンドを組んで演奏される方も見えますが、楽器の中でドラムなどは演奏時に大音量が発生しますので防音室を使用する必要が有ります。これから防音室の施工を検討されている方は高橋建設株式会社の利用がお勧めです。

この会社は防音工事専門業者として、自社施工を貫きながら全国各地で施工工事を行っています。そしてスタジオや公共機関、楽器やオーディオーの防音施設などで多くの実績が有ります。またサイトでは施工事例を確認したり出来ます。

更に高橋建設株式会社ではショールームでの見学も対応可能となっています。この会社は通常土日も営業しており、問合せやお見積もり資料請求はメールで24時間受付しています。

リブテック

POINT

ドラムやバンド向けの防音室を専門に取り扱う
豊富な施工事例も確認して検討を進められる
引き渡し時に遮音測定を実施して保証する

バンドを組んで演奏を楽しむ方も見えますが、これらの練習の際には防音室を使用する必要が有ります。これから防音室の施工を検討される方はドラム・バンドスタジオ防音工事を専門に取り扱っているリブテックがお勧めです。

25年で1,000件以上の施工実績が有り、建設や音響のプロが建物の構造や環境に配慮して最適な防音仕様を提案してくれます。また見積りは無料で、豊富な施工事例をサイトで確認しながら検討を進められます。

そして防音工事を行った後には遮音測定を行い防音性能を保証してくれます。リブテックでは問合せをメールで24時間対応し、また日曜以外の9時から18時までフリーダイヤルで受付けしています。

自分の家でドラムの練習をしたいのであれば

スタジオに出かけることなく、時間のある時に自分の家でドラムの練習をしたいと感じている場合、周辺住民に迷惑がかからないような環境を作ることが大事です。それにはまず、リフォーム業者にお願いして、部屋を防音室にしてもらう必要があるでしょう。百戦錬磨の知識が充実している業者であれば、スムーズに作業を行ってくれるので、まずは実践できる業者をうまく選ぶことが重要となります。ノウハウをしっかりと駆使してくれる業者だと最初から分かっていれば、安心してお願いすることができるはずです。その類の業者に関して詳しくない人は、素人判断で業者を選ばないようにしておきましょう。最低でも選んだことがある人の体験談をまずは確認し、それを頼りにリフォーム業者を厳選することが大事だといえます。身の回りで詳しい人がいるなら、その人からお勧めの工務店など紹介してもらうのが確実です。自分で探す手間を省くことにもなるでしょう。

地元で活躍している地域密着タイプの業者に声をかけることが出来るならそれが1番です。ただ、それが難しいようなら、だからといってあきらめずに、ネット上から優秀なリフォーム業者をピックアップしたほうが無難だといえます。ネット上からであれば、口コミ情報を確認できるサイトなどにも注目をすることが可能です。そこで頻繁に名前が見かけられる有名な工務店を確認しつつ、ホームページをチェックしてみると良いでしょう。ホームページを見ると、その工務店が今まで行ってきた作業事例なども調べることができたりします。作業事例の中に、防音室の作成が含まれていれば、安心してお願いできるはずです。以前作った際には、どれくらいの時間とお金がかかったのか、できればそこまで調べさせてもらいましょう。コストパフォーマンスよくお願いできる業者かどうかを、そこである程度判断できます。

ただ、具体的な見積もり料金は、現地に来てもらってから初めてわかるようになります。なので、時間的余裕を作ってから現地に来てもらい、その上で特定の業者に確かめてもらいましょう。いろいろな業者に見積もりを具体的に出してもらいつつ、比較することが大事です。それから、見積もりに来てもらう際に、出張料がかかる可能性があるので、注意が必要となります。極力余計なところであまりお金がかからないような業者を選んだ方が良いでしょう。防音室を作ることができれば、ドラムを毎日、好きなタイミングで練習できるようになります。直接ドラムの上達につながるはずなので、ドラムが大好きな人は、早めにリフォーム作業をお願いしたほうが無難です。作業が終わった後にも、長くアフターサポートをしてくれる業者なら、より安心して任せることができるでしょう。

カテゴリー